スマイルスマイル歯科

  • 0283249090

    診療時間 9:00-13:00 / 15:00-19:00
    (水・土・日・祝14:30-18:30)
    休診日 金曜
  • アクセス

TOPICS

歯周治療の流れ

お知らせ 

歯周病の治療についてお話しします。

 

1.お口の中の撮影と歯肉の検査

まず、ご自身のお口の中の状態を知るためにお口の中をデジタルカメラで撮影します。

そして、歯周病の進行をみるために歯と歯肉の間にある溝(歯周ポケット)の深さを検査します。

このときに、歯肉の出血や歯のぐらつきも確認していきます。

最後に検査の結果の説明をします。

 

2.歯磨きの練習

歯周病の改善には、お口の中の細菌をどれだけ減らせるかが重要なカギになります。

細菌を減らすには、毎日のはみがきでプラークをしっかり落とすことが大切です。

みなさんきちんと磨けていますか?

ご自身の歯に合った歯ブラシの大きさ、硬さ、向きや当て方を一緒に見つけていきましょう。

 

3.歯石の除去と歯面清掃

毎日の歯磨きで磨きのこしがあると、だんだんと硬くなり、歯磨きでは落とせない歯石になってしまいます。

歯磨きで取り除けないので、ずっと汚れがついていることになります。そうすると、歯肉に刺激を与え続けることになりますし、

もちろん虫歯の原因にもなります。この歯石を取る為に超音波の器具を使います。しかし、それだけでは見えない凸凹が残り、

またそこにプラーク(バイ菌の塊)がつきます。そこでスマイルスマイル歯科では、さらに歯の表面をゴムの器具と研磨材(フッ

素入り)を使って磨きあげます。これによって表面が平らになり、自宅での歯磨きで清掃しやすい歯面が作られるのです。

処置は、2~3回です。

4.歯肉の検査2

みえる歯石を除去し清潔になった歯肉は、1~2週間で腫れや充血がひき、ひきしまります。そこで、2回目の歯肉検査をし

て、歯周病の進行は止まったか、どのくらい改善したかを調べます。

5.歯石除去2(歯肉の下の見えない歯石の除去)

検査2でまだ歯肉の腫れや充血などがみられる場合、歯と歯肉の溝(歯周ポケット)の奥深くに歯石が隠れているはずです。

そこで、歯肉に隠れたプラークと歯肉を徹底的に取り去る為に、歯科衛生士が専用の器具を使い、1歯1歯手作業で丁寧に

硬い歯石を除去します。これは、歯周病の治療のカギとなる重要な処置です。見えない場所を手探りで、凸凹のある歯根に

こびりついた硬い歯石を取る大変細かい作業です。歯石を除去した後は、細かいばい菌を水流で洗浄します。処置回数は歯

周病の程度にもよりますが、4~6回が目安です。

6.歯肉の検査3

5の処置のあと、歯肉が治り、歯周ポケットが浅くなります。その歯周病の治癒の状態をみるために5の処置の2~3週間後に

3回目の検査をします。

7.歯石除去3

検査3でも歯肉が治ってない場合は、歯周ポケットの奥深くにまだしつこい歯石が残っている可能性があります。再度、手作業

で歯石を取り除きます。

8.歯肉の検査4

歯肉の状態を確認します。

9.SPT

SPTとはサポーティブペリオドンタルセラピーの略で歯周病の治療によって安定した歯肉を維持する為に、3ヶ月に1度歯科衛

生士が歯肉の検査とプラークや歯石の除去、歯磨きのチェック等を行います。また、歯周病の症状が急性化しないようにする

為の大変大事な処置です。

 

歯周病の治療中は処置中の出血、不快感、歯がしみる、古い金属がとれたり、違和感、痛み等が起こる事もあります。また、歯

肉の腫れがひくと、歯肉がひきしまり、歯と歯の間が空いたように感じることがあります。何か疑問に感じる事がありましたら、遠

慮なく担当ドクターか歯科衛生士、受付、歯科助手にお尋ね下さい。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る